エレガンスとは?

IMG_9933.JPG


「フランスに住んで良かったなー」と
しみじみ思うことの1つは、
年齢を重ねて美しい女性が多いことです。


「あんな風になりたい!」
と思わせる50代、60代、それ以上の方々を
よく、街で見かけます。
それも、高級レストランのような
「いかにも」といった場所だけでなく、
メトロやカフェ、小さなお店などで・・・



日本人に馴染みのある例をあげるなら、
女優の
カトリーヌ・ドヌーヴさんや
ソフィー・マルソーさん。
お二人とも、若い頃の美貌もさることながら
年齢を重ねた今の方が、
深い人間味が加わって、より素敵に見えます。




私が初めて「素敵だ」と
心打たれた年配の女性に出会ったのは、
カンヌの語学学校でした 。
70歳をとうに超えたと思われる白髪のその人は
その学校の事務所で
入学手続きを担当していました。
(当時、私は25歳。
フランス語がほとんどわからず
・・・どんな立場の方だったのでしょう)




カチッとしたツイードのスーツに身を包み、
指にも耳にも大ぶりの宝石がたっぷり。
上品な白髪は優美にまとめられ・・・

文字どおり、見惚れたものです。




「大ぶりの宝石は、こんな風にまとうものなんだ。

こういう大人の女性が、実際に存在するんだな。

こういう素敵な女性のいる国に暮らしたいな」



そう思ったことを覚えています。



あれから20年以上が過ぎ、
私は今、念願叶って(たまたま!)フランスに暮らし、
おかげで何人もの
素敵な大人の女性の友人・知人を得ることができました。



伝統的な装いの人、
モードな人、
くだけた雰囲気の人、
アーティストらしい自由な着こなしの人・・・

一口に大人の女性といっても
当然、
いろんな方がいますよね。



そんな彼女たちと付き合いながら
わかってきたこと、
それが、今回のタイトルになっている
「エレガンスとは?」
の答えです。



シャネルスーツの人も、
プラダしか着ない人も、
ユニクロの人も、
大人の女性たちは、みんな、エレガント。


コンサバとか、カジュアルとか、
そういったジャンルを超えて、
エレガントという点で共通している。



どうして、サバサバしていてもエレガントなのか?
そのエレガンスは、どこから来るのか?



ある日、超シックなパリマダムの一人が、
こんなことを言いました。

(話の前後は忘れましたが)


「年齢を受け入れるのは、知性だけにできること」


人間はみんな、年をとる。
それは仕方がないこと。

体型は崩れ、
顔のあちこちはたるみ、
年々、若い頃の自分とは変わってゆく。

その事実を受け入れて
どの年齢でも
いい状態でやってゆけるのは、
知性があってこそでしょう。



そんな意味の話だったと記憶しています。



そうか、
フランス人女性のエレガンスは、
年齢を受け入れられるインテリジェンスの賜物なのか!




まさに発見でした。



そこでさっそく、若いパリジェンヌに
質問をしてみました。
「あなたにとって、エレガンスとは?」


答えをお教えする前に、
日本の若い女の子に同じ質問をしたら、
どんな答えが返ってくるか?
ちょっと考えてみますね。


エレガンス、とは・・・?

優雅さ・・・?

つまり、
ラグジュアリーが似合う人・・・?

育ちの良さ・・・?


わかりませんが、
そんな答えが帰ってくるかもしれません。





さて、
そのパリジェンヌの答えは
こうでした。


「優しさだと思う」


いつでも優しく微笑むことのできる人を
エレガントだと思う。




ううむ、この若さですでに
エレガンスを外見のこととは捉えていない!
ここでもまた、感心した私です・笑




取り止めがなくなりましたが、
今、もし、誰かが私に
「エレガンスとは、何だと思いますか?」
と訪ねたとしたら、
「インテリジェンスだと思います」
と答えます。

または、知性です、と。


その反対が、
ボトックスや美容整形を繰り返すことなのかな?
時間と戦ったら、人間は必ず負けるのに。



50歳でも、心身ともに
いい状態の自分でいたいですよね。

いつかのヒット曲ではないですが、
ありのままを受け入れる知性、器を、
重ねる年齢とともに持ち合わせたいものです。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433952746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック