メンソレータムの底力

FullSizeRender-2.jpg


我が家の、« 何にでも効く薬 » 、
メンソレータム。


もはや、家族の間では、
メンソレータムという名前ではなく、
「 « 何にでも効く薬 » をつけておきな」
と、これが名前になっています。


なぜ、こう呼ばれるようになり、
また実際、何にでもよく効く立ち位置になったのか、
あまり覚えていませんが
私が子供のころ
祖母、両親が、タイガーバームのことを
« 何にでも効く薬 »
と、呼んでいたせいかなと・・・

似ていますよね、タイガーバームとメンソレータム。


そんなわけで我が子らは、
小さかった時は、キズ、やけど、虫刺されに、
大きくなってからは、ニキビにも
必ずメンソレータムをつけています。


私はというと、実は
あまり使ったことがなかったのですが、
数年前に猫にひっかかれた時、
しみるのを我慢してたっぷり塗布したところ
びっくりするほどすぐによくなり、
以来、毎日欠かせない品に!

(メンソレータム〜、恐れ入りました〜!)




さて、毎日
何に使っているかというと、
スキンケアです。

アラフィフになってからこっち・・・
口元がものすごく
乾く感覚がありませんか?

口元、というか、上唇の上の全体、というのかな?
きーーーっ、と皮膚が引きつるような
「これものすごく渇いているよ」
という感じ。
朝も、昼も、夜も、一日中続きます。
(数年前は、同じ感覚が目元にありました)


このまま放っておいたら
梅干しババアの唇だよ!
・・・って、よく見ると、もうなってます!
梅干しババアの唇に!!


もーーーーー、たっぷり保湿するしかない!!!! と思い
うるうる系、こってり系、
色々つけました。
が、
どれも、いくらたっぷり乗せても結局は乾き、
ちっともらちがあきません。

つけても、つけても、乾燥する。

そんなんじゃなくて、もっとこう、油っぽいやつ!
と、思っていたらば・・・
ふと、メンソレータムの
あのべっとり感が脳裏に・・・!



試してみると・・・
朝、起きた時も
相変わらずこってり、油っぽいまま!

こんなクリーム、他にはないと思います。
さすが、医薬品! (って、関係ないかな?)


成分を見ると(wikiによる)
案の定ワセリンが入っていました。
どうりで、べっとりこってりなわけです。

ワセリンってどこで売っているんだろう、と
ずっと不思議に思っていので、
私にとっては朗報でもあります。
こんなに手軽にワセリンが買えるわけですから。



しかし、メンソレータムは
フランスの薬局には売っていません。
そのかわり、タイガーバームはあります。
薬局、エルボリスト(ハーブの薬局)、
スーパーのドラッグストアコーナーなどで
簡単に購入出来るタイガーバーム。

フランスにタイガーバーム、なんて
ちょっと意外ですよね。


でもこの間、
twitter(仏語)で
「タイガーバームの知られざる用途」
といった内容のものが流れてきたくらいですがから、
フランス人にとって
タイガーバームは一般的なもの
ということでしょう。


エルボリストリー・デュ・パレロワイヤルの
HPによるとこちら
「痛み止め(肩こり、筋肉痛)」「頭痛止め」
として紹介されています。


私が見たtwitter情報には、意外なものがたくさんありました。
例えば・・・ 

①靴の脱臭(タイガーバームを適量布につけて、靴箱に入れる)
②虫除け(からだに塗る?)
③デオドラント(うすーく、脇の下に塗り、それをちょくちょく繰り返す)
④シールを剥がす(ガラスや、プラスチックに貼ったもの、ですね)
⑤シロアリたいじ!(木にできた虫食い穴を、タイガーバームで埋める)

いろんな用途がありますね。



タイガーバームも、メンソレータムも、
カンフルとメントールが主成分のようですから、
もし、我が家のメンソレータムを使い切ってしまったら
タイガーバームを買おうかな。


そうそう、
思い出したこと!
もう20年以上も前になりますが、
日本の美容師さん(美少年、サーファー)によると

「綺麗に日焼けするなら、メンソレータムが一番!」

だそうです。
私は試したことがありません!!


ちなみに、
イタリアのビーチ、フィナーレ・リグーレでは
老いも若きも、缶入りのニベアをつけてから、
ビーチに寝転んでいましたねえ・・・
これもやはり、20年前の話ですが。

いずれにせよ
ロングセラー侮るべからず、です!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435100574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック