残ったサラダで春巻き

IMG_1406.JPG



コロッケや春巻き・・・
具を準備して、炒めて、衣をつけて(または包んで)・・・と工程が多いし、
揚げ物だし、
なかなか面倒です。

「そんなの、中華鍋になみなみと油を使う人なんて
今時いないよ。
フライパンにたっぷりめに油をしいて
両面じっくりあげればいいんだよ」

と、友人たちは言いますが、
そうやって美味しく出来た試しがありません。
よって、あまり作らないのですが・・・

最近、ミニ春巻きがマイブームです!


フランスのスーパーには
餃子の皮はありませんが、
乾燥したライスペーパーなら
アジアものの棚に、大体あります。

このライスペーパーを、生春巻きだけでなくて
一度フライパンで焼いてみたところ、
私が手作りする餃子の皮よりずっと美味しい。

「今後、巻き物はライスペーパーにしよう!」
と、決心しました。
小麦粉で作る餃子の皮よりも
餅に近い仕上がりになり、
私好みなのです。
(それに餅も、フランスでは貴重品)


さて、
中に包むものもいろいろ工夫した結果
今現在のブームは、なんと残り物のサラダなのです。


レタスたっぷりのサラダ、
残ってしまうと、捨てるしかありませんよね。
半日経ったらもう、葉がベタッとしてしまい
みるのも不気味です。
ところが、これをライスペーパーに包んで焼くと
案外いけるんです!

刻んだチーズ(とろけるチーズでも)を加えて混ぜて、
水で戻したライスペーパーに巻き、
巻いた順にテフロン加工のフライパンに並べて行きます。
油はほんのすこしだけ。
これを焼くと、写真のようになります。

カリカリにこんがり焼いてもいいし、
蒸し物っぽく柔らかに仕上げても美味しい。
お酢をすこし振りかけて、いただきます 🍴



チーズと一緒に混ぜるマヨネーズの代わりに、
粒マスタード、
トリュフ入りマスタード、
などなど
冷蔵庫にあるものでバリエーションをつけたり。



具は、残り物のサラダ以外にも、
ネギを刻んで、マヨネーズとお醤油少々、+ 刻んだチーズ
をよく混ぜ、包んで焼いても美味しいです。
(日本食材が自由に手に入るなら、これに削り節を入れたいですね。
海苔とか。 七味も!!)


具は下調理せず、生のままの方が美味しい
というのが私の意見!
手間が省けて簡単だし!!



今まで捨てていたもので
美味しいおかずが1品できます。
本当に得した気分!
ライスペーパー、常備しています!






この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436923305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック